クレジットカードの手数料を払う店側のメリットとは

最近は、クレジットカード決済を行うお店が増えてきており、利用できないお店の方が少なくなってきています。クレジットカードが使えないお店は、ごく一部の店になっているようです。しかし、クレジットカードの手数料はお店側がカード会社に支払うものなので、お店側は損をしているのではないかと考えられます。手数料を発生させてでもクレジットカードの使用を可能にする店側のメリットは、何でしょうか。一人でも多くの顧客が買い物をするようになることは、店舗の立場からすると、儲けにつながる行動になります。現金決済しか認めないという場合は、手持ちの現金がなければ買い物をしたくても買えないので、客が買い物の機会を逸してしまいがちです。クレジットカードでの支払いが可能となると、手元に現金がなくても、その時の気分やニーズに合わせて買い物をすることができるようになります。もともと違うものを買おうとしてお店に入った時でも、偶然見かけた商品を購入したいと思ったら、クレジットカードで買い物をすることが可能です。客側にとっても満足ですし、お店側としても余分に買い物をしてくれるわけですから、現金払い以外の精算方法を設けるのは得策といえます。店の立場からすれば、クレジットカード決済をする人は、現金で買い物をする人よりも高い買い物をすることが多いという事実も、嬉しいところです。クレジットカードは手数料がありますが、それでも提携したほうが、店にはありがたいことなのです。クレジットカードを使う時には、どんな仕組みでお金が動いているのか、また、どのタイミングで手数料が発生しているのかを把握することで、お得な使い方を把握できます。人気のホワイトニング歯磨き粉「はははのは」のレビューサイトはこちら